新たなる門出、下田から。Start from SHIMODA
下田国際音楽コンクール事務局
MAIL: info@shimoda-mc.com

審査員

碓井 俊樹

東京藝術大学附属音楽高等学校および同大学を経て、ザルツブルク・モーツァルテウム芸術大学で研鑽を積む。ヴィオッティ国際音楽コンクール入賞、オランダミュージックセッションにてドネムス演奏賞(現代音楽最優秀演奏賞)、ウィーン現代前衛芸術団体TAMAMUより現代芸術特別賞、カントゥ国際音楽コンクール優勝など数多くの受賞歴を誇り、各国の国際音楽祭出演を通じて世界的な演奏家と数多く共演。国内外のオーケストラのソリスト、国際音楽コンクールの審査も務め、ウィーンを拠点に40カ国以上にて演奏活動を行ってきた。一般社団法人横浜シンフォニエッタ代表理事、日本香港音楽協会理事長(香港)、エルシステマコネクト理事、平成29年度外務大臣表彰を受賞、2019年ジョージア共和国シグナギ市名誉市民を受賞、上野学園大学客員教授

 

 


海瀬 京子

東京音楽大学付属高校・同大学・同大学院修了。ベルリン芸術大学にてDiplom、ドイツ国家演奏家資格を取得。ピティナピアノコンペティション特級準金賞、日本音楽コンクール第1位、ポルト市国際音楽コンクール第3位他入賞多数。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団等と共演。各地でソロリサイタルや室内楽の演奏会にも多数出演。現在は音楽活動の他、FM番組パーソナリティ、伊豆の国市のシティ・プロモーションを担う「いずのくに大使」等、幅広い活躍をしている。東京音楽大学・常葉大学非常勤講師。

 

 

 


遠藤 香奈子

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部を卒業。
2009年アフィニス文化財団の助成による海外派遣研修員として、ニューヨークにて研鑽を積む。
第1回東京室内楽コンクール優勝。第2回大阪国際室内楽コンクール弦楽四重奏部門第2位。第5回パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクールにて最高位ならびにサルバトーレ・シャリーノ特別賞を受賞。国内外の音楽祭へ招待され参加するなど、アンサンブル奏者としての能力を高く評価され、室内楽からオーケストラの客演首席奏者まで幅広く活動している。
現在、東京都交響楽団首席奏者、The 4 Players Tokyo(弦楽四重奏団)第2ヴァイオリン奏者を務める他、横浜シンフォニエッタのメンバーとしても活動するなか、ソロリサイタルや施設へのボランティア出張演奏も定期的に行い、幅広い世代と環境へのクラシック音楽の普及に意欲的に取り組んでいる。

 

 

 

 

近藤 千花子
東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、2005年東京芸術大学音楽学部を首席卒業。安宅賞、アカンサス音楽賞受賞。第78回日本音楽コンクール第2位。第22回日本木管コンクール第1位、聴衆賞。これまでにクラリネットを磯部周平、山本正治、村井祐児の各氏に師事。2013年アフィニス文化財団海外研修員として英国王立音楽院修士課程修了。在学中、クラリネットをクリス・リチャーズ、エスクラリネットをチーユー・モーに師事。ロンドン交響楽団に客演。現在、東京交響楽団クラリネット奏者。横浜シンフォニエッタ シーズンメンバー。洗足音楽大学、昭和音楽大学、東京藝術大学非常勤講師。

 

岡 北斗

愛知県立芸術大学卒業。卒業時にヤマハ管楽器新人演奏会に出演。東京芸術大学大学院修士課程修了。その後ベルリンへ留学。ベルリン国立歌劇場管弦楽団首席オーボエ奏者G.ヴィット氏に師事。ドイツ国立ロストック音楽・演劇大学にて国家演奏家資格を取得し帰国。
ラ・フォル・ジュルネ音楽祭、北九州国際音楽祭、軽井沢国際音楽祭等へ出演。国内各地のオーケストラへの客演首席奏者として、また横浜シンフォニエッタのメンバーとしてオーケストラ、室内楽など幅広い分野で活動している。
現在、藝大フィルハーモニア管弦楽団オーボエ奏者及び愛知県立芸術大学非常勤講師。

 


 

北川 森央

1977年横浜生まれ。幼少時からクラシック音楽に親しんで育つ。玉川学園小学部にて豊かな音楽教育を受け、11歳よりフルートを始める。東京藝術大学附属高校、東京藝術大学卒業。同大学院修士課程及び博士後期課程修了。論文「モーツァルトのウィーン時代におけるフルート使用法」にて博士(音楽)を取得。これまでにフルートを篠崎このみ、寺本義明、中野富雄、三上明子、金昌国、パウル・マイゼン各氏に師事。フラウト・トラヴェルソを前田りり子氏に師事。東京藝術大学バッハ・カンタータ・クラブに在籍し、指導者・小林道夫氏の薫陶を受けた。第49回全日本学生音楽コンクール高校の部東京大会第2位。東京藝術大学教育研究助手、新日本フィルハーモニー交響楽団契約団員等を経て、現在、聖徳大学音楽学部准教授、東京藝術大学および上野学園大学非常勤講師。横浜シンフォニエッタフルート奏者。

 


 

佐藤 秀徳
東京藝術大学卒業。
Theater Orchestra Tokyo首席奏者。横浜シンフォニエッタ、東京金管五重奏団に所属。アンサンブルノマドレギュラーゲスト。
1999年よりライヴパフォーマンスグループ「チャンチキトルネエド」(2013年活動休止)のメンバーとして海外公演や全国ツアーに参加し各方面から高い評価を得る。 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」、大河ドラマ「いだてん」などをはじめとする劇伴音楽、CM、アーティストサポートなどの録音にも多く参加している。大友良英スペシャルビッグバンドメンバー。
ジャンルを問わず幅広いフィールドで演奏しており、独自の世界観でトランペットやアンサンブルの新しい魅力を作り出している。
2019年ALM RECORDSより、ギターとのデュオBarchettaのファーストアルバム「Viaggio」をリリース。多くの音楽誌で推薦された。
twitter@shu_toku